建築デザインの意匠性を高めるルーバーとは? 特徴や取り入れ方を徹底解説

皆さんは「ルーバー」という言葉を聞いたことはありますか?設計やインテリアデザインにおいて、最近トレンドのアイテムです。しかし、実際にルーバーについて詳しく知らない方も多いかもしれません。

そこで、今回はそんなルーバーについて、特徴や効果、おすすめ商品について詳しく解説します。内装デザインや設計に生かしたい方は、ぜひ皆さん参考にしてください。

このコラムのポイント
・ルーバーは、適度に視線や日射を遮りつつも通風換気を確保できる。
・ルーバーによって、デザインに重厚感や高級感をプラスできる。
・パネル化された「リブパネル」もおすすめ。




建築で用いられるルーバーとは?形状別の特徴は?用途は異なる?

まず、「ルーバー」とは棒状や板状の材料を並べた形状を指します。従来は、窓や扉の一部などの開口部に「換気・採光」を目的として取り付けられるのが一般的でした。しかし、最近では天井や壁、間仕切りパーテーションなどに意匠的目的で設置されることも多いです。

ルーバーと言ってもその形状にはいくつかの種類があります。

  • ガラリ状
  • 格子状
  • その他形状


まず、ガラリとは、幅の狭い羽根板を平行に並べたものをいい、角度を変えることで換気しながらも確実に採光量を調節できます。窓に取り付けるブラインドのようなものを想像すると良いでしょう。

一方、格子状は断面形状が四角の棒状のものを整列させたタイプです。天井や壁などに意匠的な目的で設置される他、間仕切り壁の代わりとしてパーテーションとして取り入れ、視線を敢えて曖昧に遮断できます。空間を緩やかに分けたい場合に採用されることが多いです。その他、意匠や防音機能などの目的で特有の断面形状を持つルーバーもあります。

このように、ルーバーと一言で表しても、その目的によって適した形状は異なります。


ルーバーの持つ4つの効果

ルーバーはその特徴的な形状から、いくつかの効果をもたらします。主な効果は下の5つです。

  • 目隠し
  • 換気・日射遮蔽
  • 吸音・防音
  • 意匠デザイン


では、それぞれ詳しく解説します。

その① 目隠し効果

内外や空間を曖昧に分けることで生まれる「中間領域」は、日本の建物において古くから実現されてきました。ルーバーは面で構成されていないため、空間を緩やかに分断して目隠しすることができるため、中間領域を作るのに適しています。また、見る角度によって視線を遮りつつも奥の気配を感じ取れるため、最近では公共施設に限らず、一般の住宅においてもルーバーのパーテーションを間仕切りに取りいれるのがトレンドです。


その② 通風換気・日射遮蔽効果

主に開口部に取り付けられるガラリは、視線を遮りつつも換気効果が得られます。また、ルーバーを水平方向に取り付ければ、光を取り入れつつもしっかり日射を遮断できます。さらに、太陽光によって室温が上昇することも抑えられるため、冷房負荷を低減できるため省エネ対策としても注目されています。

引用:日本建築学会北陸支部|垂直ルーバーと水平ルーバーの日射遮蔽効果



その③ 吸音・防音効果

近代建築において、壁や天井にルーバーを取り付ける設計が増えているのは、デザイン的な意味合いだけとは限りません。吸音や防音に特化したルーバー製品もあり、それらを取り入れることで、大きな効果が期待できます。実際に、高速道路を囲うようにルーバー形状の遮音壁が設置されていることからも、通風を確保しつつも減音したい場合におすすめです。

その④ 意匠的効果

もちろん、意匠的観点からもルーバーの効果は注目されています。壁や天井に配することで、平坦な印象がなくなって立体的になり、奥行き感が増します。そのため、重厚感や高級感を演出したい場合に採用されます。また、どうしても壁内などに隠蔽できない配管や配線を隠すためにも効果的です。




ルーバーの素材は?不燃材はある?

では、ルーバーはどのような素材から作られるのでしょうか?一般的なものは、主に「金属製」と「木製」に分類できます。どちらも不燃認定を受けている製品があるため、公共施設でも採用できますが、それぞれ特徴は異なります。ここでは、金属製と木製についてメリット・デメリットを解説します。

〈関連コラム〉
下記コラムでは、不燃認定について詳しく解説しています。是非合わせてご覧ください。

恩加島木材工業株式会社|コラム|公共施設・商業施設に欠かせない不燃材料。防火性能や突板練付不燃板について解説



金属製(アルミ製・ステンレス製など)

風雨に晒される場所に設置する場合や耐久性を重視する場合には、腐食しにくく高耐久なアルミ製やステンレス製が用いられます。金属のもつテクスチャーを活かせば、クールでスタイリッシュな印象となり、現代建築においてもファサード(建物の正面デザイン)によく取り入れられます。ただし、内装に用いると、どうしても寒々しい印象に…。そこでおすすめなのが、金属製の基材に天然木で作られた不燃突板シートを貼った製品です。これなら、耐久性を維持しつつも、温もりのある風合いが表現できます。

木製

温かみのあるデザインを求めるなら、木製がおすすめです。床や建具などその他木部とのトータルコーディネイトが可能で、細かな加工ができるのがメリットです。また、不燃材を基材としていれば、木製でも内装制限によって規制されません。

〈製品ページ〉
当社の天然木突板を使った不燃パネルについては、下記ページをご覧ください。

恩加島木材工業株式会社|製品案内|PANESSE(パネッセ)|不燃ボード・難燃ボード



高級感を求めるなら恩加島木材の天然木練付ルーバー

いくら基材が木製であっても、表面がプリントシート材などだとどうしても風合いが劣ります。高級感や天然木本来の風合いを生かしたいなら、「天然木練付ルーバー」がおすすめです。

私たち恩加島木材工業では、表面材において豊富な樹種を取り揃えているだけではなく、抗ウイルス塗装を施すこともでき、各種オーダー加工も承っています。現場に合わせた複雑な形状にも対応できるので、「イメージに合うルーバーが見つからない」という場合には、是非一度お問い合わせください。

〈関連コラム〉
下記コラムも合わせてご覧ください。

恩加島木材工業株式会社|コラム|天然木にこだわるなら突板練付化粧板。メラミン化粧板・オレフィン化粧板・プリント化粧板との違いは?


高精度・省施工型のリブパネルもおすすめ

「デザインにルーバーを取り入れたいけど、うまく納まらない」という際には、是非リブパネルも検討してみてください。リブパネルとは、ルーバー部材をパネルに取り付けた商品で、凹凸感を表現したい場合などにおすすめです。

パネル材なので通気性はありませんが、細かい部材を組み立てるルーバーとは異なり、工場で生産されたものを設置するだけなので施工が簡易化できる点がメリットです。また、ルーバーのような単調なデザインだけではなく、ランダムに様々な部材を取り付けることもできます。

〈製品ページ〉
当社のリブパネルについては、下記ページをご覧ください。

恩加島木材工業株式会社|製品案内|リブパネル・ルーバー


恩加島木材の取り組み

私たち恩加島木材では、国内各地の地産材利用も積極的に行なっております。また、原木市場に頼らずに原木林から直接仕入れて、自社で選木・加工・販売することも可能です。原産地を日本国内に限定した樹種を常時取り扱っているほか、地産材を利用した突板も数多くご注文いただいております。その建物の社会的価値を高めるためにも、ぜひ国産材を使った突板製品をご検討ください。

地産材の納入実績
JR北陸新幹線・長野駅 コンコース内天井(長野県産杉利用)
香川県多度津町庁舎(香川県産材利用)
某百貨店 什器(大阪府内産桧利用)
新居浜商業高校 体育館(愛媛県産材利用)
京都女子大学(京都府内産桧利用)
京都 某ホテル(京都府内産利用)


〈関連ページ〉
下記ページでは、当社が常時取り扱っている国産材を使った突板のラインナップや納入実績を紹介しています。ぜひご覧ください。

恩加島木材工業株式会社|製品案内|原産地(日本)


まとめ|ルーバーで建築デザインを高めましょう

ルーバーはデザイン的な目的以外にも、建物の省エネ性能を高めるためにも取り入れられる部材です。日射を適度に遮りつつも、通風を確保でき、さらにプランニングによっては視線を緩やかに遮断できます。そのため、近年では公共施設・住宅問わずインテリアでも多く採用されています。高級感や温かみを求める場合には、是非天然木練付ルーバーを検討してみましょう。また、場所によってはよりデザインにこだわれるリブパネルもおすすめです。

私たち恩加島木材では、様々な木目のルーバーやリブパネルを製造販売しております。また、ルーバー・リブパネルに限らずフローリング材や化粧板、有孔ボードなどとのトータルコーディネートも可能です。統一性のある洗練されたデザインをご希望の際には、ぜひに一度恩加島木材にご相談ください。

〈関連ページ〉
当社の納入実績は下記ページをご覧ください。

恩加島木材工業株式会社|納入実績

 

恩加島木材が現場の様々なご要望にお応えします

「プリントシート材の木目だと味気なく個性が出せない」「天然木を使用したいが無垢材だとコストが高くメンテナンスが不安」そんな時には、天然木突板を使っておしゃれで安らげる空間をデザインしてみませんか?恩加島木材の歴史ある熟練技術で、デザイナー様や設計士様の疑問や要望にお応えします。随時、木材選定から各種オーダー加工に関するご相談を承っておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

〈関連ページ〉 カタログ請求や見積依頼、お打合せ依頼等は下記ページよりお問い合わせください。
恩加島工業株式会社|お問い合わせ